karlley's tech blog

学習メモや記録とか

Rails6の開発環境の構築

ついにRailsのプラクティスまで進むことができました。 久しぶりにRailsの環境構築を行ったので備忘録です。

結論

下記ツールをインストールする。

xcode

開発用コマンドラインツール

 $ xcode-select --install
$ xcode-select -v
$ xcode-select version 2395.

homebrew

MacOS用バージョン管理ツール

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
$ brew -v
Homebrew/homebrew-core (git revision 1b8cdf0aa4d; last commit 2022-06-25)
Homebrew/homebrew-cask (git revision 9713bf8928; last commit 2022-06-25)

rbenv

Ruby用バージョン管理ツール

$ brew update
$ brew install rbenv
$ rbenv -v
rbenv 1.2.0

詳細: TIL/rbenv.md at master · karlley/TIL

yarn

node.jsのパッケージ管理ツール

$ brew install yarn
$ yarn -v
env: node: No such file or directory
$ brew list | grep yarn
yarn

node.js がインストールされてないとバージョンが表示されない?

Ruby

rbenvを使ってインストール

$ rbenv versions
  system
* 3.0.3 (set by /Users/karlley/.rbenv/version)

詳細: TIL/rbenv.md at master · karlley/TIL

Rails

gem経由でインストール

$ gem i rails
$ rails -v
Rails is not currently installed on this system. To get the latest version, simply type:

    $ sudo gem install rails

You can then rerun your "rails" command.
$ gem list | grep rails
rails (7.0.3)
rails-dom-testing (2.0.3)
rails-html-sanitizer (1.4.3)

バージョンが表示されないがgemにはインストールされている?

注意点

上記の方法で環境構築を行いrails new 後にrails s した際にRailsが起動しないエラーが発生しました。 結論から言うとwebpackernode.jsが必要ということが分かりました。詳細はこちらの記事に書きました。

まとめ

やっぱりハマりました笑 昔ほど時間を溶かしてしまうことはなくなったので少しは成長できたかな? Railsもじっくり理解しながら進めることにします。

参照

  • Railsの教科書 第1章