karlley's tech blog

学習メモや記録とか

続ける事の大事さと難しさが身にしみた

3記事目にして2ヶ月以上更新していなかった。 前回も同じような事を書いていたような... まぁ過去の事は置いておきましょう笑 今後はしっかり週1でコンスタントに振り返ります。 ってか振り返りしないと悪い状態が常態化してしまうので自分にとってホントに良くないので。

前回の更新以降の状況と振り返り

  1. ドットインストール(Git, MySQL, Ruby)
  2. RailsTutorial 1週目 あえて手を動かさずに10章まで通読
  3. RailsTutorial 2週目 cloud9上で10章まで手を動かして学習
  4. RailsTutorial 3週目 2週目で理解が浅かったところを深堀り <- 今ここ

ここまでで約2ヶ月掛かっています。 学習時間は約140時間。 期間が長い割に学習時間が少ない原因はまとまった時間が取れないからです。

反省点

まとまった時間が取れなかった事からの弊害が2つ。

学習の進みが遅い

単純ですが、スピード感をもって進めるには時間が必要。 学習時間等を必ず記録していますが、進みの遅さがひと目で分かるので、精神的に堪えますね... Twitterではもの凄い勢いで学習を進めている方などを知っているので余計に焦ります。

まぁでもやれる事しかやれないので自分のペースでしっかりと前に進む精神力が大事だという事にも気付くことができました。

対策: 理解度よりもスピード感で意識して学習を進める

学習した事を忘れてしまう

どんだけ集中して勉強しても時間が空くと記憶は薄れていきます。 プログラミング学習は暗記ではありません。 それは十分理解していますが、極端に学習ペースが落ちてくると前回の続きを理解する所から始めなければ先に進めない... すると、その振り返る時間も必要になるので余計に時間が掛かってしまうとうい負のループが始まってしまいます。

対策: まとまった時間を作る or 切のいいところまで学習を進める

良かった点

Ruby, Ruby on Rails の学習を継続できたこと。 良かった点は本当にそこだけです。

次の目標

RailsTutorialの3週目が終わったらポートフォリオ用のアプリ作成。 アプリのアイディア集めや情報収集も平行して進める。

まとめ

  1. できるだけまとまった時間を作らないとプログラミングの学習はキツイ
  2. 理解度よりもスピード感が大事
  3. ブログ等で進捗を振り返る事でより良く学習を進めれる

とにかく今はやれる事をやるしかない! やるしかねー!!